まずはどのようなマイホームにしたいか決めよう

注文住宅作りで大事なのは、コンセプトです。どのような家にしたいのか決めなければ、工務店との話し合いもスムーズに進められません。デザインを重視するのか機能性を重視するのか、具体的に外せない条件が何なのかもあらかじめ決めておくといいでしょう。

注文住宅と分譲住宅の違いを比較

立地にも大きな違いが生まれる

分譲住宅は比較的いい立地に建てられていることが多いです。不動産会社も売れないと困るので、自社のネットワークをフル活用していい土地を探すからです。注文住宅は自分で土地を探す必要があり、必ずしも優良立地に建てられるとは限りません。

選べる間取りの種類が違う

注文住宅なら、間取りは自分たちで好きに決めていけます。しかし、分譲住宅は違います。間取りは平均的かつ万人向けのものが採用されているケースが多く、基本的に変更は不可能です。ただし、購入後にリフォームをすることはもちろん可能です。

理想の住宅に住みたいなら

どうしても理想の住宅に住みたいというのであれば、十分な時間とコストをかけて注文住宅を作りましょう。注文住宅なら、建物の隅々にまで自分の理想を詰め込んでいけるからです。

注文住宅のメリット

間取り

ライフデザインに合わせて間取りを決めていける

人それぞれ仕事も違えば趣味も違います。注文住宅の一番のメリットは、その人のライフデザインにベストフィットするものを作れる点にあります。例えばミュージシャンの方が地下に防音室を作ることも可能ですし、プロスポーツ選手がトレーニングルームを作ることも可能です。

価格をコントロールしやすい

分譲住宅はすでに値段が決まっていて、そこから大きく値引きをしてもらうことは難しいです。ですが注文住宅なら、徹底的にコスト削減の工夫を凝らしていけば相当に安くすることも可能です。

他にはない特徴的なデザインも採用可能

注文住宅なら、他では見ることのできないような奇抜なデザインの家も作ることができます。建築基準法の範囲内でという制限はあるにせよ、デザインの幅は一般的な分譲住宅以上です。

自分で土地を選べる

基本的に注文住宅作りは、まず土地探しから始めます。自分で土地を探すのは大変ですが、好きな場所を選べるというメリットは大きいです。利便性を重視して市街地を選ぶのもいいですし、環境面を重視して自然豊かな場所を選ぶのもいいでしょう。

工事を最初からチェックできて安心

注文住宅なら、工事の最初から買い主がチェックの目を光らせることができます。これによって、手抜き工事が行われていないかも自分の目でしっかりと確認することができます。

注文住宅で念願だった自分だけのマイホームを購入しよう!

男女

専門業者選びで注目すべき箇所

注文住宅は作るのにも時間がかかりますし、専門業者選びは慎重に行う必要があります。まず各社で見積もりを取ってみて、感触の良かったところと契約をするようにしましょう。見積もりの金額も重要ですが、それ以上に担当者との相性も重要になってきます。また、新築一戸建てを作った経験がどの程度あるのか、どのようなデザインの家を過去に作ってきたのかも調べておきたいところです。

一軒家

注文住宅の費用の相場を知ろう

注文住宅の相場は地域によって変わります。基本的に都心が最も高くなり、人口の少ない県ほど安くなります。土地と建物を合わせて購入し、住宅ローンを利用したときの相場が、都心でおよそ五千五百万円、人口の少ない県で三千万円強です。建物のコストは地域差が少ないですが、土地の購入代金は地域によって差が生まれやすいです。